プロフィール
attyanhashi
こんな話を聞いたことありませんか?


「サーカスの子象」


象は、1 トンもある積荷を、鼻で楽々と持ち上げることができます。


ところで、サーカスにいる象は巨大な身体にも関わらず、静かに小さな木
の杭につながれて立っているのです。


それは、まだ幼く力もなかった頃から、象は、ビクともしない鉄の杭に、
重い鎖でずっとつながれ通しでいるからです。


子象がどんなに、力を入れてひっぱても、もがいても鎖を断ち切ることも、
杭を動かすことも絶対にできません。

そのうちに、身体が大きくなり、力が強くなっても、かたわらの地面に杭がある限り、どうしようもないと信じ込んでしまうのです。


もしかすると、私たちが‘出来ない’と思い込ん
でいる出来事も、このサーカスの象と同じかもしれませんのね。


こんにちは。私は橋之口あつひろといいます。


私は、人の可能性を信じています。


また、その人がもつ可能性を台無しにする「自分にはできない」という思い込み〈制限〉を外すお手伝いをしたい。


長年教育に携わってきた経験を活かし、子どもたちの能力アップに力を貸したいと考えています。


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

お知らせ1

categories

archives

recommend

links

profile

書いた記事数:172 最後に更新した日:2017/06/24

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM