中3 夏スク学習内容について

0

     

     

    中3クラス
    夏のスクーリング 学習内容について

    お伝えします。

     

     

     

     

    国語

     

     

     

    実践を通して、文章力を読みとる力をつけていきます。

     

     

    子ども達は挑戦することが大好きです。

    これは国語でも同じことです。

     

     


    国語は答えが1つじゃないから分からない、
    ではありません。

     

     

    論理的に文章を読みとっていくと、答えは必ず1つに絞られます。

     

     

    ・限られた時間内にどれだけ問題を読み込めるか!

     

    ・出題者の意図を読み取り 正確に答えられるのか!

     

     

    頭をフルに回転して正解を探します。

     

     

     

    以前はテキストに添って解答、解説の形での授業でしたが、
    退屈になりがちでした。

     

     

    論理のルールを意識しながら実践問題を解く、
    チャレンジする、

     

     

    その積み重ねの中で、
    問題の読みとり方、文章を理解する力が養われていくと
    思います。

     

     

     

     


    数学

     

     

    学習レベルが一気に上がる学年です。

     

    基本的な内容・問題から一歩進んで、
    応用的な考え方や解法を求められます。

     

     

     

    「これまで点数が取れていたのに...」


    この時期よく聞く声です。

     

     

     

    これからのテストでは
    基本が分かっているのは当たり前、

     

    そこから応用問題を解く力が
    求められます、

     


    それができて初めて点数が伸びていきます。

     

     

     

    この壁をいつ乗り越えられるのか!

     

    そこが数学での勝負ところです。

     

     

    そのために、
    この夏休みで
    これまでの単元のポイント1つ1つを
    確実に押さえましょう!

     

     

    そして、
    関連項目を自分の中でつなげ、
    自分の知識としましょう!

     

     

    数学の成績が上がる、
    という事は 


    論理的思考力も上がる、
    ということです。

     

     

    数学が上がると
    他の教科の成績が上がった、


    ということも
    良くあることです。

     

     

    この夏休み、


    腰を据えて数学に取り組んでみませんか!!

     

     

    面白味が分かると、
    数学ほど楽しい教科はありません。
    (^-^)/

     

     

     

     

     

    英語

     

     

     

    ただ今通常クラスでは、
    毎回聞き取りテストを実施中です。

     

     

    英語・学習のコツは何?
    と聞かれたら、私は“慣れ”かな、
    と答えるでしょう。

     

     

     

    犖生讚瓩箸いΔ發里蓮

     


    普段どれだけ使っているか

    慣れ親しんでいるかが


    大切です。

     

     

    私たちは
    日本語の文法を学ばなくても
    自由に日本語を扱うことができます。

     


    じつは
    英語にもそのような側面があるのです。

     

     

     言語学者のノーム・チョムスキーは、


    「英文法生得説」「ユニバーサル文法説」という考えの中で、


    人は生まれながらに、遺伝的に文法を学習する能力を持っている、
    と言っています。

     

     

     

    だから、
    「英語はムリ〜!」
    という前に、

     


    もう一度英語という取り組んで欲しいと
    思います。

     

     

    もちろん
    その状態になるまでに
    単語を覚えたり、文法のルールを使いこなす
    トレーニングが必要になりますが、

     

     

    英語という教科に自信がもてるなら、
    その位がんばれますよね!

     

     

    まずは、
    英語の基礎・基本を身に付ける、

     

     

    そして
    長文問題、聞き取り問題にチャレンジする、

     

     

    その流れで
    英語の実力を付けてほしいです。

     

     

    英語で点数を稼げたら、
    とっても嬉しいですね!

     

     

     

     

     

    理科・社会

     

     

    覚えることから始まる教科です。

     

     

    言い換えると
    “覚えた知識”がないと始まらない教科といえます。

     


    だから、
    「苦手だ〜!」「ムリ〜!」と子どもは言います。

     

     

     

    しかし、

     

     

    自分の目標とする高校に行きたいのなら、
    5教科の総得点を上げたいのなら、

     

     

    今、ここで 覚悟を決めて
    理科、社会の苦手を克服するんだ、


    攻略するんだ、
    と、
    心に決めるしかない!!(そうだよね!)

     

     

     

    でも、
    「やれるかどうか、分からない・・・」
    心配な気持ちになるよね、

     

     

    でも、

    任せてほしいんです。

     

     

     

    学習塾みらいでは、


    君が学習に追いつけるようにステップアップ方式で、
    授業を進めて行きます。

     

     

     

    できるだけ面白く授業をします。

     


    笑いあり、ときには「ちくしょー」と悔しがり、
    友達と刺激を受け合いながら


    覚えることにチャレンジしましょう!

     

     

     

    「理科、社会をこの夏がんばる!」

    君が本気で決めたなら、

     

     

    自分でびっくりするような
    結果を出すことも可能だと思います。

     

     

     

    授業は私から君達への挑戦状です。

     

     

    私の出す課題を、君たちがどれだけクリアできるのか、

    今から楽しみです。

     

     

    入試に直結するような本質的な内容を、
    まずは基本から、
    そして応用へ...

     

     

    君の、理科・社会へ勉強に対する意識が
    この夏スクで変えられたら、
    こんな素晴らしいことはないね!!

     

     

    最後まで読んでいただき

    ありがとうございました。

    (^-^)/

     

     


     


    中2 夏スク学習内容について

    0

       

       

      中2クラス 

       

      夏のスクーリング学習内容について

      お伝えします。

       

       


      英語 

       


      どんなことでも
      意識して覚えないと、または反復しないと
      頭の中に残らないものです。

       

       

      意識して 覚える→つなげる
      このサイクルが大切です。
       


      では、英語では
      何を意識して学べばすれば良いのでしょう?

       


       中学2年生までは
      1〜3のポイントを押さえることです。


       
      1、よく出る単語(主要な単語)を反復して覚える。


      2、英語を使う際のルールを意識して覚える。


      3、単語の変化形を覚える。

       

      以上のことに意識を向けることです。
       

       


      英語には、
      肯定文、疑問文、否定文と
      3つの並べ方があります。
       


      夏のスクーリングでは、


      主要単語を覚える練習のほかに、
      肯定文の中にある7つのルールを取り上げます。


       
      また、疑問文、否定文の作り方3パターンも学びます。
       


      英語という教科を扱うための
      ルールという存在に
      意識を向けましょう!
        

       


      スポーツでの試合でも、

      ゲームで遊ぶときでも、

      守るべきルールが必ずあります。

       


      その決まりを守っているからこそ、

      スポーツもゲームも楽しむことができるのです。


       
       英語が苦手だ!
      と嫌になりかけている人はいませんか?

       

       

      それは思い込みです。

       

       

      まずは英語を攻略するためのルールを手に入れましょう。
       
      ゲームを楽しむのはそこからですよね。(^-^)/

       


       
      最後に、夏スクの学習単元です、

       

       

      ・ be動詞の分
      ・ 現在進行形
      ・ 一般動詞の文
      ・ 命令形・canの文
      ・ 疑問詞の文
      ・ 一般動詞の過去形
      ・ be動詞の過去形・過去進行形
       

       

       

       

       

      数学
       


      ていねいに、正確に、
      問題の解き方を学んでいく


      中2の夏のスクーリング 数学です。

       

       

      数学が苦手な人も
      いるかも知れませんが、

       


      自分はダメだ、と自分で決めないことです。


      出来ない要素がいつの間にか
      君のなかに出来てしまっていた、
      だけのことなのです。

       

       

      そんな人はこの夏、

      出来ない要素を無くすことを
      目指しましょう!

       

       

       

      (できない3要素とは!)


      1、ていねいさがなくなっている。(自分はできないから、といい加減にしている)
       
      2、その単元の本質をつかんでいない。(いい加減に授業を受けている)
       
      3、作業に統一感がない(計算など、決まったやり方を意識していない)
       
      これらを克服し、
      2学期からの数学につなげましょう!

       

       

      これからは入試に直結する
      重要単元が盛りだくさんに出てきます。

       

       

      その前に君の
      数学力を充分に上げて
      準備しておきましょうね!

       

       

       

      この夏の

      中2数学 学習単元です、

       

       

      正負の数
      文字式(1年)
      1次方程式
      比例・反比例
      平面図形
      空間図形
      資料の活用
      式の計算(2年)
      連立方程式(2年)

       

       

       


      理科・社会

       


      理科・社会は
      限られた単元に絞り授業を行ないます。
       


      内容を覚えることはもちろんのこと
      教科に向かう意識を変えることに力をいれます。
       


      中学3年生になると、
      理科嫌い、社会嫌い、
      という言葉をよく聞きます。
       


      なかには、ひと言「ムリ」で
      済ませてしまう場合もあります。
       


      そうなると頭は、
      理科、社会を受付けようとはしなくなります。
       


      学校の授業でも、うわの空、
       せっかく聞いた授業も
       頭の中からこぼれ落ちてしまいます。
       


      こんなもったいないことってないですよね。
       


      だから、
      理科、社会っておもしろい!
      やったら分かった!
      これを目指した授業をします。
       
       

       


       国語

       

       

      他の4教科の進み次第で 
      国語の授業数が決まります。
       


      国語は
      文章の読み取る方法を指導します。
      文章は3つの視点から読み取ります。
       


      作者は何を伝えたいのかを
      不特定多数の人に分かってもらえるように、


      いろいろな具体例を出しながら、
      また反対意見を入れながら、


      中心となる主張を展開します。
       

       


      国語の論説文は、
      その切り口で読み取ります。

       


      以上が中学2年生クラス
      夏のスクーリングの内容です。
       


      学習塾みらい
      橋之口篤博(あつひろ)


      小学クラス 体験日 追加の案内

      0

         

        小学クラスの

        無料体験授業の回数を増やします。

         

        「夏よりも早く体験してみたい」

        という声にを数件いただきました。

         

        それで、

        7月のなかで2回体験授業を

        組んでみました。

         

        興味のある方は

        お問合せください。

         

         

        小学6年生 7月4日、11日(ともに火曜日)

         

        小学5年生 7月6日、13日(ともに木曜日)

         

        小学4年生 7月7日、14日(ともに金曜日)

         

        時間は夕方5時半〜6時半

        です。

         

         

        電話 0996-33-1408

         

        こちらからも連絡できます。

        https://form.os7.biz/f/ba8c789c/

         

         

         

         

         

         

         

         

         


        小学生に身につけて欲しい力 2

        0

           

          続きです。

           

           

          それらを

          手にするためには、

           

          どうすればよいのか!?

           

           

           

          子ども自身の

          能力を高めて上げることです、

           

           

          そして

          自分にゆるぎない自信を持てることです、

           

           

          そんな

          自分だから

           

          “何があっても大丈夫”

          と思えることです。

           

           

          そのために必要な力が

          以下の3点です。

           

           

          まずは
          物事に集中する力、

           

          それから

          暗記する力、

           

          そして

          学んだことを自分のものにする力、

           

          です。

           

           

          小学時代から
          こういう力をつける練習を

          積んでほしいと
          私は思っています。

           

           

          意識して、
          鍛えてほしいと思います。

           

           

           

          その基礎能力が
          備わっていれば、

           

          難しいと思うような問題でも、

          学問でも、

           

           

          自分の能力に自信を持つ

          子ども達なら、

           

          なんなく

          通り抜けていくはずです。

           

           

           

          そうです、

          物事に集中する力、

          暗記する力、

          学んだことを自分のものにする力

           

          これらは“自己肯定感”に直結するのです。

           

           

           

          自己肯定感

           

          =(イコール)

          ゴールを達成するための 自分の能力に対する自信

           

          です。

           

           

           

          将来、

           

          ぼくは(私は)、こうなりたい!!  こうしたい!!

           

          と本気で思ったとき、

           

           

          「自分はやれる、」と思うのか、

           

          「自分なんかできるはずはない、」と思うのか、

           

           

           

          その線引きは

          自己肯定感によって決まります。

           

           

           

          今、

          むずかしい時代だと

          多くの人は言います。

           

           

          でも

          そんな時代だからこそ、

           

          チャンスは広がって

          くるのではないでしょうか?

           

           

          これまで狭かった社会が

           

          世界へと広がっています。

           

           

          また

          人工知能の発達により、

          社会も大きく変わります。

           

           

          今はない新しい

          職業も出てくるでしょう。

           

           

          そんな世の中が

          すぐそこまできています。

           

           

           

          そんな社会で

           

           

          のびのびと能力を発揮している

          子どもがいる、

           

           

          そんな子ども達を

          育てることができたなら、

           

           

          こんな嬉しいことは

          ありません。

           

           

           

          身体の筋肉を鍛えるのは

          もちろんのこと、

           


          頭を使って考える力、


          思考力、スタミナ...

           

           


          これらも鍛えてください。

           


          子どもさんに
          つけてあげてください。

           

           

           

          じっとした状態(イスに座って状態)でも、


          頭をフルに使う運動をすることが

          できる、

           

           

          そして、
          チャレンジをする。

           

          チャレンジ→達成→チャレンジ→達成....

           

          単純ですが

          そのくり返しです。

           

           


          そのチャレンジを達成し
          クリアしていく、

           

           

          そのなかで感じる


          嬉しさ、喜び、感動...、

           

           

           

          それが、

           

          その経験が

           


          子どもさんを


          “学ぶことが好き”へと向かわせます。

           

           

           

          自分に対する自信を感じていきます。

           

          誇らしさも感じます。

           

           

           

           

          ※“学び”=“喜び・感動”の


          脳回路を、小学時代にいかに作るのか!!

           

           

           

          それが学習塾みらい 小学クラスの目指す方向です。

           

           

           

          その回路をもった子どもは


          人から言われなくても
          自分で学ぶことをしていきます。

           

           


          奇跡の人、ヘレンケラーもサリバン先生により、

           

          その回路をもつことができました。

           

           

          自分の夢を、自分の力でつかみとっていく
          そんな子ども達を
          見てみたいです。

           

           

          (ヘレン・ケラーは私も大好きな人のひとりです)

          (今度へレン・ケラーについてブログを書いてみようかな、)

           

           

           

          ちょっと力が入りすぎた

          文章になってしまいました。

           

           

          ごめんなさい!

          (^-^;;

           

           

          学習塾みらい 橋之口篤博(あつひろ)

           

           

           


          小学生に身につけて欲しい力 1

          0


             
            小学生では、

            良い成績を取れていたのに


            中学のテストでは結果を出せない生徒がいます。


            これはなぜか?

             

             


            小学の
            算数や国語などの基礎は
            できているはずなのに、


            中学のテストで伸び悩んでいる...

             

             

            そこには
            どのようなものが不足しているのでしょう?

             


            中学に入ると
            一気に覚えることが増えてきます。

             


            また、宿題などの課題も出されます。

             

             

            部活も始まり
            子ども達は大忙しです。

             

             

            そのなかで、
            学習が5教科から9教科に変わり、
            定期テスト、実力テストも始まります。

             

             

            中学では、
            学んでいく量がふえていきます。

             

             

            学習量が多いため、
            単元がどんどん進みます。

             


            中学では
            学ぶスピード、

             

            そして、
            学んだことを
            (小学生以上に)吸収する力も必要とされます。

             


            学習の処理速度も
            上げる必要があるのです。

             

             


            ゆっくりから速くへ、
            そして
            正確に理解する。

             

             

            さらに今学んだ知識と
            過去に学んだ知識を結びつける。

             


            そう、
            ただ学んだだけではダメなんです。

             


            理解し、
            自分の知識に変えていく必要があります。

             

             

            このことが出来ていき
            しだいに実力がついていくのです。

             

             


            今は情報化の時代です。

             


            ありえないほどに技術も進化していきます。

             

            社会の変化のスピードも加速しています。

             

             

            いつのまにか
            ここ、いちき串木野市にも
            国際化の波が来ています。

             

             

             

            新しい社会に対応できる力、

             

            情報を処理する力、

             

             

            これからの社会を生きぬくために


            子ども達には
            総合力が求められています。

             

             


            それらを

            手にするためには、

            どうすればいいのか!?

             

             

            ちょっと文章が

            長くなりそうです。

             

             

             

            次に記事をアップしますね、

             

             

             

             


             


            テストどうだったかな?

            0

              今回は
              串中、西中ともに
              同じ日程でのテストです。


              皆んな 1日目が終わったね、


              テストの手応え
              どうだったかな?


              残り2日も気を抜かず
              駆け抜けていこう!


              のんびりするのは
              終末だね。

              ファイト!

              小学クラスの案内

              0

                 

                小学クラスの案内

                 

                子どもさんの こんな犧い辰燭海鉢瓩△蠅泙擦鵑?

                 

                 勉強することに“やる気”を出さない

                 

                □ 勉強する姿に“元気”がない

                 

                □ 宿題をしようしない、机に向かおうとしない

                 

                □ 学校の勉強についていけない

                 

                子どもさんの勉強嫌い

                心の中にある自信のなさは、

                 

                子ども自身が感じている

                自分の能力の自己評価の低さ(自己肯定感)に影響を受けています。

                 

                この、

                自己肯定感を上げることが、

                 

                学習をする上で、

                実は何よりも大切なことなのです。

                 

                自分の能力に自信をもつ子供であれば

                 

                新しいことへのチャレンジを恐れることはありません。

                 

                人が

                犧胆洵瓩隼廚Δ茲Δ覆海箸任

                 

                「一晩寝たら忘れちゃった」

                と、強いメンタルをもつ子供になります。

                 

                強く生き抜く力の土台を

                 

                小学時代に

                養っておくこと、

                将来に向けて成功の種をまいておくことは、

                 

                子どもの

                今後の人生を考えた時に

                必要でないかと思っています。

                 

                子どもに

                「勉強なんてムリ、」「苦手、」という気持ちが

                根付いてしまう前に、

                 

                子ども自身に「自己肯定感」を持たせて下さい。

                 

                ぼく()には、問題を解く力があるんだ!

                 

                解決する力を持っているんだ!

                 

                という自信をもたせて上げましょう!!

                 

                自分の能力に自信を持っている子どもは、

                新しいチャレンジを恐れません。

                 

                学習塾みらいでは、

                工夫を凝らした授業、教材を通して

                 

                子どもの“学びたい”という気持ちに火をつけます!!

                 

                指導教科は算数、国語、理科、社会、英語です。

                 

                学ぶことに夢中になる!!

                 

                学ぶことの喜び、快感を

                子どもの無意識に体感してもらう、

                 

                そんな授業です。

                (^-^)/

                 

                よければ、

                この授業を1度

                体験してみませんか?

                 

                 

                各学年2回分の授業があります。

                1回だけの参加もできます。

                 

                お気軽にお申し込みくださいね!

                (^-^)/

                 

                小学6年 7月22(土曜)、 731(月曜)

                小学5年 724(月曜)、 82(水曜)

                小学4年 727(木曜)、 83(木曜)

                 

                時間は、午後5時半〜6時半

                 

                よろしくお願いします。

                (^-^)/

                 

                学習塾みらい 橋之口

                 

                 

                 

                 



                calendar

                S M T W T F S
                1234567
                891011121314
                15161718192021
                22232425262728
                293031    
                << October 2017 >>

                お知らせ1

                selected entries

                categories

                archives

                recommend

                links

                profile

                書いた記事数:192 最後に更新した日:2017/10/18

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM